人気ブログランキング |

村中芳男 写真の世界

大和ミュージアム      戦艦大和     2014 0818

ミュージアムの中には 戦艦大和 零戦゜ 潜水艇 とうの展示物が整然と展示されていました。

模型であったり 戦時中の残骸をレストアしたもの 様々ですが 全て 戦争の道具 兵器です。

過去を振り返り 再び惨事を繰り返さない事への 決意の結晶の様に受け止め見学・撮影しました。

正面入場口
d0246136_1794969.jpg


港方向からのミュージアム
d0246136_1710860.jpg


大和を上から
d0246136_17103553.jpg


菊の ご紋 が眩しい
d0246136_17105864.jpg


右後方より
d0246136_17112234.jpg


後方から 輝くスクリューが美しい
d0246136_17114459.jpg


対空高射砲の後付配置の様子がうかがえる。
d0246136_17121355.jpg


by ym7380 | 2014-09-02 17:22 | 街撮り | Comments(6)
Commented by yurinoshin at 2014-09-03 10:56
当時(70年前)これだけのものを作る技術があったけれど
それがすべて戦争のためと言うのが悲しい出来事でした。
航空機においても紫電改というゼロ戦をしのぐ性能の戦闘機
が開発されたりもしました。
それにしても見事な艦を作ったものですね
甲板上部にこれだけの大砲など載せてうまくバランスが
とれているのが不思議です。
我が家にはタイタニックがありますが、いずれ戦艦「大和」
にも挑戦してみたいと思っています。
Commented by iomlove at 2014-09-03 14:11
こんにちは。
私の友人(マン島の方)広島出身で呉育ちでした。
1959年 マン島TTにホンダが出場した時 おにぎりを作って
差し入れした(伝説のおにぎり)という友です

いつか行きたい広島と彼女の思い出を思い出しました ありがとう
一緒に旅をしているみたいな写真 そして文章に感激しています。
Commented by ym7380 at 2014-09-04 15:27
yurinoshinさん
 大和の高射砲は設計造船中に戦闘機の開発の速さで
 戦い方の変化に対応すべく殆どが後付との事でした。
 バランスをとるべく上手く配置したようですが・・・・・・・・
Commented by ym7380 at 2014-09-04 15:33
iomloveさん
 いつも素晴らしい写真拝見しています。
 マン島のHondaの活躍と宗一郎氏の考え方、生き方に憧れて
 Hondaに1963年入社しました。 マン島の件以前ブログでも
 拝見していましたので、何故か勝手に近しくかんじていました。
 私の稚拙なブログにお褒めのコメント恥ずかしいですが嬉しいです。
Commented by tatuotoko0406 at 2014-09-04 21:55
始めまして、こんばんは。

ご訪問とイイネ!ありがとうございます。
新エキプロになって使いつらく気づくのが遅れてすいません~~

ここは広島ですか?

先輩に好きな人が居て、東京から日帰りで行ってましたね☆
Commented by ym7380 at 2014-09-04 22:36
tatuotoko0406さん
 コメント有難うございます。
 稚拙なブログですがお暇な折に覗いてみて頂けると有りがたいです。
 どこにでも,何でも撮りに行く節操のない爺さんのブログです。
<< MUSIG BLUE 高松フラ... てつのくじら ... >>