人気ブログランキング |

村中芳男 写真の世界

「鬼無稚児桜」を探し求めて ①

「鬼無稚児桜」とは
昭和初期に 京都の桜守が 鬼無を訪れた時に 発見しました。
お稚児さんのように かわいらしく 華やかな花びらである事から
「お稚児桜」と名付けて 全国に広めたと 言われています。
八重桜の突発変異種を 園芸用に育て 安定させた品種だそうです
長らく鬼無でも 原木は途絶えていましたが
2006年 東京八王子の「多摩森林科学園」に純系の
「稚児桜」が標本木として保存されている事が解かり
2007年から 小枝を取り寄せ 接ぎ木して
苗木を復活したと 教えていただきました。
とても素敵な 可愛らしい花を たくさん付けます。
すでに満開の時期は過ぎてしまいましたが
写友の河野氏が 満開の美しい花を 撮られていましたので
来年こそはと 鬼無地区で大切に育てられている
場所の確認に 廻ってきました。
写真の花は「澳津神社」で5月3日に撮ったものです
d0246136_23394351.jpg
最初の訪問は「是竹伊勢太神宮」です
現在の 私の体調からは とても無理といえる階段が
今日は 多少体調も無理ができそうなので
登ってみることにしました。
d0246136_23404710.jpg
少しなだらかな階段の次は
立ちはだかるような急な階段
d0246136_23405714.jpg
何とか 稚児桜に会えました
満開の時期を終えていましたので 遠目で撮らせていただきました。
d0246136_23411186.jpg
帰りは 直滑降の階段
d0246136_23412137.jpg
神社より 一段下がった境内には
下の大鳥居の脇にあった「大石灯籠」が
地元の有志の方々の手によって 境内に上げられていました。
d0246136_23412893.jpg
ここからは 屋島を遠望しながら
サンポート高松や 市街地を見ることができました。
d0246136_23413759.jpg
階段下には 消防団の詰め所があり
その脇には 立派な半鐘が・・・
d0246136_23414465.jpg


by ym7380 | 2017-05-04 00:39 | 季節の花 | Comments(0)
<< 「鬼無稚児桜」を探し求めて ② 岩田神社の 2017藤まつり ③  >>